You are currently viewing 【家庭教師を個人契約で探すなら】おすすめマッチングサイト3選

【家庭教師を個人契約で探すなら】おすすめマッチングサイト3選

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

この記事の主な対象

  • 「家庭教師を探したいけど、探し方が分からない」という方
  • 「個人契約の家庭教師でマッチングサイトを使いたいけど、迷ってしまう」という方
  • 「マッチングサイトを使うと、いくらぐらいかかるんだろう。」という方

家庭教師を個人契約で探す場合に、家庭教師マッチングサイトを利用するという方法があります。

私は家庭教師をしています。

実際に、マッチングサイトを使って生徒と出会ったことも数多くあります。

私・川口が利用していて、お勧めできるサイトを3つ紹介します。

3つを順不同に紹介しますので、ランキングではありません。

良いところ、悪いところなどの特徴や、費用面も比較します。

マッチングサイトを利用して方の中には、「思ったよりも費用が掛かった」などのトラブルも起こります。

トラブルを避けるためにも、是非最後までお読みください。

おすすめ家庭教師マッチングサイト①to-last

まず最初に紹介するのはto-lastです。

To-lastでは、先生のプロフィールを見て気になる先生を指名することができます。

また、「こういう条件の先生を募集します」と募集をして応募を待つ方法もあります。

地名で検索することや、学歴で検索することもできます。

オンライン指導に対応している先生に絞って検索することもできます。

To-lastの良いところは、登録している家庭教師の人数が多いことです。

おそらくマッチングサイトの中では一番多いです。

細かい条件に当てはまる家庭教師をピンポイントで探しているという方は、家庭教師を見つけやすいでしょう。

一方で、人数が多いということは、選ぶのが大変な面も出てきます

プロフィールを見て指名するとしても、検索するとズラっと先生が出てきます。

数多くの先生から、一人一人見て選ばないといけません。

また、家庭教師を募集して応募を待つという方法でも、応募が殺到することがあります。

募集に対して、20人30人の応募があるということはよくありますし、100人以上の応募があったのも見たことがあります。

数多くの応募があると、選択肢が多いということではあります。

しかし、応募した先生のプロフィールなどを見て、ご自身で選ばないといけないということになります。

料金については、to-lastでの紹介料は税込み7,800円です。

かかる費用は紹介料だけなのですが、注意点があります。

to-lastでは、「連絡先を入手する際に」紹介料が発生します

実際に先生と会って、体験授業を受けてからではなく、先生と会ったことがない段階で料金が発生するということです。

事前にサイトを通じて先生に質問することも可能ではありますが、個人的にはやや使いにくい部分も感じています。

そして、紹介料を払って、連絡先をもらった後に、ご自身で先生に連絡をする必要があります。

そのうえで、体験授業や面接の日時を直接調整することになります。

ところが、体験授業を受けてみたらイメージと違った、あるいは、他の先生も見てみたいということもありますよね。

他の先生の連絡先を入手するためには、さらに7,800円がかかることになります

複数の先生の体験授業を受けてから選びたいという場合は、先生の人数×7,800円が必要になります。

しかも、体験授業を受けた中に、良さそうな先生な先生がいなければ、さらに7,800円がドンドンかかることになります。

「どういう先生と巡り合うか」という運によっては、紹介料が高額になるというデメリットがありますのでご注意ください。

お勧め家庭教師マッチングサイト②ASK

次に、ASK というサイトを紹介します。

ASKでも、先生のプロフィールを見て気になる先生を指名する方法と、条件を付けて募集をして応募を待つ方法があります。

検索についても、to-lastと大きくは変わりません。

料金については、税込み19,800円と、to-lastより高額ではあります。

しかし、面接をして、実際に先生との指導が開始するという段階になって初めて料金が発生します

面接をして、やっぱり合わないと思ったら料金が発生しません。

納得いくまで、何人かの先生と面接することもできます。

また、一旦指導開始となった後でも、やっぱり他の先生の指導を受けてみたいという場合もありますよね。

ASKでは、1年間は教師の交代でも追加費用がかかりません

ちなみに、面接については、to-lastは直接日程を調整する必要がありましたが、ASKの場合はASKが間に入ります

具体的には、面接する先生が決まったら、面接希望日をASKの方に伝えて、それを見た先生が面接日を選びます。

面接日を決めてから、先生の方から挨拶の電話が入るようになっているので、面接日が決まるまで直接話すことはないというのが特徴です。

ただし、ASKを間に通してうまく調整できない場合は、直接話して決めることになる場合もあります。

おすすめ家庭教師マッチングサイト③マッチングティーチャー

3つ目に、マッチングティーチャーというサイトを紹介します。

先生のプロフィールを見て気になる先生を指名する方法と、条件に合う先生の応募を待つ方法があるのは同様です。

検索についても同様です。

マッチングティーチャーで発生する費用は、税込み9,800円の紹介料です。

実際に先生と面接をしてみて、指導を開始するかどうかを判断してから初めて費用が発生するというのはASKと同じです。

何人かと面接して、納得いく先生が見つかるまで費用がかからないという点も同じです。

ただし、教師の交代を希望する際は、原則としてもう一度9,800円の紹介料が発生します。

例外的に、家庭教師側の一方的な都合で継続ができないという場合は、1か月間だけ無料で他の先生を紹介してもらうことができます

面接については、直接調整することになるのですが、電話やメールなどは使いません。

マッチングティーチャーには、サイト上でメッセージを交換するシステムが搭載されています

面接が決定する前の段階では、サイト内のメッセージでやり取りすることになっています。

事前に、メッセージで何度でも直接質問などをすることができます。

実際に、私もマッチングティーチャーを利用した際は、どういう風に指導を進めるかなど、面接の前に様々な話をすることがあります。

そして、納得ができたら、面接の日時をメッセージで調整していきます。

もちろん、面接が決定した場合には、連絡先を交換することができます。

その際は、サイト内のメッセージボックスにお互いで連絡先を入力することになります。

おすすめ家庭教師マッチングサイトを比較

ここまで3つのサイトを紹介してきましたが、表にまとめてみました。

まず、登録している先生の人数については、to-lastが一番多いでしょう。

しかし、他のサイトが、ものすごく少ないというわけでもありません。

そもそも、家庭教師は、複数のサイトに登録しているのが一般的です。

どこのサイトを選んだからといって、先生が大きく変わるということはないと考えられます。

実際に、私も今回紹介した3つのサイトは、いずれも登録しています。

面接の調整、実際に先生とお会いする日時の調整についても違いがあります。

to-lastでは、紹介料を払って、連絡先をもらってから電話などで直接連絡を取って調整することになります。

ASKでは、ASKの方に希望日時を送るという形で間に入ってもらいます。

マッチングティーチャーでは、サイト上でメッセージのやり取りをして調整することになります。

料金についても違います。

To-lastは1回7,800円ですが、先生の連絡先を手に入れるたびに料金が発生します

ASKは19,800円ですが、教師の交代の場合であっても、1年間は追加の費用がかかりません

マッチングティーチャーは、9,800円で、教師の交代は原則として別料金となります。

ただし、例外的に、家庭教師側の一方的な都合で継続ができないという場合は、1か月間だけ無料で他の先生を紹介してもらうことができます

まとめ

おすすめの家庭教師マッチングサイトを紹介しました。

この記事で紹介したのは、

です。

それぞれに違いがあり、どれが良くてどれが悪いというものではありません。

個人契約の家庭教師には、「クビにしにくい」などのデメリットもあります。

派遣の家庭教師も合わせて比較してみるということもお勧めできます。

まずは、無料で資料請求をして、個人契約とどちらにするか、という判断材料を増やしてみるのも効果的でしょう。

お読みいただき、ありがとうございます。

DMやLINE公式アカウントで個別にご相談いただけます。
友だち追加




「購読する」ボタンからPUSH通知を受け取ることができます。



お問い合わせは以下のフォームもご利用ください。

    コメントを残す

    CAPTCHA