You are currently viewing 計算のきまり!3つのルールと順序が重要!

計算のきまり!3つのルールと順序が重要!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

算数では、足し算・引き算・掛け算・割り算の四則演算が基本となります。

中学受験においても、計算は基本事項ですね。

実際に計算をする際は、一つの式に複数の記号が登場することが多いです。

例えば、500÷(100-10)という式の場合は、割り算と引き算という二つの計算があります。

引き算と掛け算の順番を考えることが必要になります。

計算の順番におけるルールが「計算のきまり」です。

計算のきまりには、3つのルールがあります。

  1. かっこの中を先に計算する
  2. 掛け算・割り算を足し算・引き算よりも先に計算する
  3. 左から順番に計算する

3つのルールは、3つの順番も含めて重要です。

算数の様々な場面で使いますから、しっかり身に付けましょう。

一つずつ説明していきます。

計算のきまり1 かっこの中を先に計算する

計算式には、かっこが含まれている場合と、含まれていない場合があります。

かっこが含まれている式の場合は、まず、かっこの中を先に計算します

ルールの1つ目です。

上記の式は、かっこの中を計算すると、12+35=47となります。

かっこの中が47と分かったので、式全体が以下のように変わります。

引き算一つになったので、78-47で答えは31と求めることができます。

計算のきまり2 掛け算・割り算を先に計算する

かっこがない式の場合は、ルールの2つ目に進みます。

ルールの2つ目は、掛け算・割り算を、足し算・引き算よりも先に計算することです。

上記の式は、引き算と掛け算という二つの計算がありますが、掛け算を先に計算します

4×14=56なので、4×14の部分を56に書き換えると、

となります。82-56で答えは26と求めることができます。

計算のきまり3 左から順番に計算する

かっこがなく、掛け算・割り算だけの式、または、足し算・引き算だけの式の場合は、ルールの3つ目に進みます。

ルールの3つ目は、左から順番に計算することです。

上記の式は、足し算・引き算だけの式なので、左から順番に計算します。

まず、19-2をすると17、そして、17+23で答えは40と求めることができます。

計算のきまりは3つのルールの順序が大切

計算のきまりの3つのルールは、順番を守ることも大切です

3つのルールの順番を守れば、複雑な式でも計算することができます。

上記の式は、かっこがあります。

まず、ルールの一つ目を使い、かっこの中を計算します。

かっこの中には、足し算と掛け算があります。

ルールの二つ目を使い、掛け算を先に計算します

最初にする計算は2×5で、その後に12に足します

2×5は10なので、12+10で22となります。

かっこの部分が22と分かったので、一旦式を書き換えてみます。

今度はかっこがないので、ルールの二つ目から考えます。

ルールの二つ目を使うと、引き算よりも掛け算・割り算を先に計算します。

4×22と63÷3という計算がありますが、ここでルールの3つ目を使います

左から先に計算するので、4×22=88を出してから、63÷21=21を計算します。

最後にはシンプルな式になったので、88-21=67と答えを出すことができます。

まとめ

計算のきまりは、算数の様々な場面で使います。

例えば、計算のきまりを理解していなければ逆算を解くことができません。

計算のきまりには、3つのルールがあります。

  1. かっこの中を先に計算する
  2. 掛け算・割り算を足し算・引き算よりも先に計算する
  3. 左から順番に計算する

3つのルールは、順番を守ることも大切です。

ルールを覚えるだけでは、実際に使えるようになりません。

ルールをしっかり頭に入れたうえで、実際に計算問題を解いて練習していきましょう。

お読みいただき、ありがとうございます。

DMやLINE公式アカウントで個別にご相談いただけます。
友だち追加




「購読する」ボタンからPUSH通知を受け取ることができます。



お問い合わせは以下のフォームもご利用ください。

    コメントを残す

    CAPTCHA